【サロン公開】ライフワークの仕事していますか

 ライフワーク、その意味を皆さんは知っていますか?
なんとなく、好きなことを取り入れた自由で楽しい仕事というイメージの方が多いのではないでしょうか。

でも実は、ライフは”人生、生活”、ワークは”仕事、作品”と、なかなか深い意味なのです。


 さて、”働く”ということを少しお話ししたいと思います。

今と昔とでは、働き方が変わってきていると感じていませんか。
働き方改革とか、ワークバランスとか社会問題にもなっているので、そりゃ当然と思っているはずです。

昔は、仕事はたくさんあって目の前の仕事だけこなし、時間も無制限にあって残業は正義、仕事後も飲み会や付き合いで接待があったり、プライベートは思いっきり遊んで、それでも普通に経済はまわっていました。

でもこのご時世、今まで普通だった仕事のやり方が出来なくなってきました。
仕事はいつでもあるとは限らない、出来るだけ効率よく働いて、残業は出来るだけしないで、飲み会、接待も極力避けて!

こんな時代になったんです。というより、前からもこの傾向はありましたが、やっとこの状況にせざる負えなくなってきた、というのが正解かもしれませんね。

働き方は変わってきているのです。

でも、実際に働いている人達の考え方って本当に変わっているのでしょうか。

まだ会社に守られていると思っていませんか。

先月、コロナ禍で完全失業率が2.8%で前月の2.6%から上昇したと総務省から発表されました。この様な情報は結構ニュースなどでもよく耳にします。
でも、実は倒産した大企業から中小企業までの数は、コロナ禍前の前年比から13.8%も上昇しているのです。その中には廃業した数は含まれていません。
そして、倒産や廃業したその後の情報もあまり耳にすることがありません。

なぜ、メディアは労働者ばかり弱者扱いをするのか。
なぜ、国は安心して働く環境や条件を会社側ばかりに求めるのか。

それは戦後に高度成長期へと頑張ってくれた若者たちがいたから、会社は労働者を守ってきたのです。でもバブルが弾けて、若者たちは未来への希望も弾けて行ったのです。

会社は労働者を守る、それが当たり前の社会だったのですが、もうそれが通用しない時代になってきています。

会社は自ら守れなかったら誰も守ってはくれないんです。そうしてどんどん倒産して行ったら、日本の経済は大打撃なのです。
今は企業側も試行錯誤しています。優秀な人材を求め、人材育成に資金をかけていかなければいけない、本当に厳しい時代になってきています。



話は、最初に戻りますが、ライフワークについてでしたね。

今の仕事、どんな気持ちで仕事していますか。
好きな仕事ですか。それともイヤイヤながらお金のために働いていますか。

ライフワークという言葉を知った時、私は物凄くワクワクしました。

なぜなら、
” 一生をかけて究める仕事や作品、生きるための魂の活動作品 ”

それが、ライフワークだからです。

どれだけ本気で仕事をしていますか。
心からやりたいと思った行動、魂込めた作品を作っていますか。
今一生かけてする仕事をしていますか。

もし見つかっていないという方、本気でその仕事をやりたいと思って仕事していますか。

これからの世の中で、求められて生き残れる人材とは。

それは、良いパフォーマンスが出せて、会社や社会的に貢献できる人材。
詳しくいうと、通常業務はできて当たり前、さらに自らが考えて行動し、自分しかできない仕事を生み出し、社会的貢献活動を自ら進んで活動できて、すぐに行動に起こすことができる人。

今このように仕事ができる人は、一握りなんです。
だって、今までそんな仕事を求められていないし、そこまでしなくてもお給料をもらえていたから。
でも、もう違います。限られた時間の中で効率よく働いて、結果を出して欲しいのです。
(”これから求められて生き残れる人材”については、また別の機会でお話ししたいと思います。)

個人事業主も同じですよね、結局どこまでやるかやらないかは自分次第。
世の中で生き残れて求められることは同じですが、さらに売上や経営のことも考えないといけないので、さらに厳しい現状ですよね。

でも、やっとこの時代に突入したと、私自身はちょっと嬉しいのですが…

なぜなら、学歴や上下関係なくやればやるだけの成果をあげられる実力社会だから。
勉強して実績あげた人の方が成果もお金ももらえるのが当たり前だから。
だから、もっと勉強すれば良いわけだし、色々な方法でできる機会も山ほどあって、アンテナ張っていれば高められる環境も整っているわけで、あとはやるかやらないかの選択だけですよね。

今ある仕事を、本気でプロ意識持ってやりたいと魂を込めてやるかやらないか。
その気持ちで仕事ができているなら、ライフワークの仕事はもう既にしているということ。
好きなことが見つからない、見つけられないなら、先ずはとことんやってみて、辛い先に今まで見えなかった知らない世界が広がって見えてくるはずだから、

戦後の昔のように、日本中にこんな仕事をする人たちが増えたら、きっとまたこれからの日本は世界からも求められる”宝”が増えますよね。


ライフワーク…人生の大切な時間をなんのために費やしますか?


実力社会のこれからの時代に、一つでも良いので一生をかけてみませんか。

yuki goto☺︎